強力遠征陣を阻む近畿勢

 
長島 大介 栃木 96期

鷲田 幸司 福井 92期

       ---------- 展 望 ----------

 S級が7車立ての5レース、A級は7車立て4レース制で行われる福井F1シリーズ。 参加メンバーは少ないが、G1参加の実力者も多数いて、見応えある戦いになるのは間違いない。

 ポイントになるのは7車立てになることの影響。 今の競輪はタテ脚が重視される傾向にあるが、それが更に顕著に結果に出てくると予想される。 またブロックセブンなどで7車立てを経験していると、特に自力選手の場合は有利に働くことになりそう。

 近畿勢は山田久徳、畑段嵐士、中西大、藤井栄二、酒井拳蔵と自力タイプの駒がそろっている。 地元の鷲田幸司をはじめ、村田雅一、三谷政史とマーク陣もしっかり。勢力的に他をリードしているが、機動型が重なるレースでは別線になる可能性も。

 遠征勢では長島大介が格上の存在。加えて柿沢大貴、雨谷一樹、蕗沢鴻太郎らの機動力にも注目。神山雄一郎、朝倉佳弘らの決め脚も侮れない。


 A級も近畿が一大勢力。西本直大、角令央奈、伊藤歩登、吉堂将規と力のある機動型がそろっている。遠征勢の軸になるのは新鋭の武田亮だ。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。