浅井を取り巻く近畿の包囲網

 
浅井 康太 三重 90期

古性 優作 大阪 100期

稲垣 裕之 京都 86期

       ---------- 展 望 ----------

 新型コロナウィルス感染拡大の防止を考慮して、6月からは地区限定の斡旋(選手配分)が基本となる。 今シリーズはS級、A級とも中部・近畿の選手のみで開催する。

 実績は浅井康太が群を抜いている。吉田敏洋、金子貴志の愛知勢や、竹内雄作、志智俊夫らの岐阜勢とは 組み合わせ次第で別線の可能性もあるが、自力を中心とした組み立てでVを狙って行くか。 坂口晃輔が浅井にしっかりマークする。

 対する近畿勢も、実力者がそろっている。 野原雅也、村上博幸の両者は欠場したものの、古性優作、稲垣裕之の ビッグネームは申し分のない存在感。 他にも稲毛健太、伊藤成紀ら機動タイプがいるのも頼もしい。

 地元からは鷲田佳史、渡辺十夢、高間悠平、伊原弘幸の福井勢、 藤井昭吾、中井護、金山栄治の滋賀勢が参戦。一大ラインを形成する可能性もある。


 A級も、注目は地元勢。脇本勇希と清水剛志が連けいして、他にはVを譲らぬ意気込みだ。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。