中川諒子と大久保花梨の対決
 

 ◇ガールズ1期生、中川諒子のパワーは依然、衰えを見せない。輪界屈指のスピードキングと言われる中川誠一郎の妹で、親戚にも名選手がそろう血筋。このところビッグレースでの活躍も影をひそめ、昨年は優勝もなしと低迷したが。今年に入ってムードが好転。3月防府、小倉と2場所連続優勝。波に乗っている。
 ◇大久保花梨は、児玉碧衣や小林優香を育てた藤田剣次グループの一員。少々ムラ気なところはあるが、能力は非常に高い。昨年V6,今年も年頭の広島で吉岡詩織を捲って優勝している。今シリーズは、中川との2強対決。ヤングパワーで押し切りを狙う。
 ◇当所でV経験もある中野咲は、福井バンクとの相性が良い。近況も優勝にこそ届かないが、決勝で2着、3着と確定板に乗っており、安定した成績を残している。
 ◇杉浦菜留は118期の最新鋭、20歳のフレッシュレーサー。まだ実戦での優勝経験はないが、高校時代から自転車競技をやっており、ジュニアオリンピックカップのスプリントで2位の実績。ダッシュには切れがある。
 ◇山口伊吹川嶋百香は、しっかりしたレース運びで、 捲りも打てる決め脚がある。機動タイプでは新鋭の下条未悠が魅力。上位戦での一発もあるか。 猪頭香緒里や、 門脇真由美も、決勝には乗れていないが、しぶとい運びには注意がいる。矢野光世の先行力は大物食いで鳴らすが、長期欠場のブランクが心配だ。