地元で雪辱を期す柳原!
 
 柳原真緒は10月に走った初の地元戦で24Dと勝ち星を上げられず。今回は何としても良いレースを見せたいところだ。11月弥彦では高木真備、山原さくらを相手に22A、しっかり自力を出せていたし、プレッシャーに負けず自分のレースできれば結果は付いてくるだろう。10月当所で優勝したのは細田愛未だった。レース運び、一瞬のダッシュと反応、すべてにおいて柳原を圧倒して完全 Vを飾っている。経験値と実力を兼ね備えた総合力は筆頭であり、福井戦連覇を狙う。 鈴木美教(欠場※)は今年11回の優勝を重ね、トップクラスにのし上がった。ガールズグランプリに向けて追い込みを見せる。内村舞織は安定した内容。だが大きな一発がない。身体能力的には充分なものがあるだけに、もう一段の奮起を望みたい。 機動力兼備の中西叶美板根茜弥斉藤由紀に、位置取り堅実な 戸田みよ子も連下には外せない選手だ。
 ※鈴木美教→[追加]高橋梨香